退職互助事業室のトップページに戻ります                                      ↓お問い合わせ
                                                m a i l
 
組 織
互助会退職互助事業について
   教職員互助会とは
      一般財団法人 川崎市立学校教職員互助会は、川崎市の教職員を会員とした組織で、本市教職員及び教職員関係者の福祉の増進を図ること、川崎市における教育文化の振興・発展に資することを目的として、1964年6月に設立されました。                                                                       
   退職互助事業とは
      その後、1985年4月に、退職した会員が退職後も充実した生活をおくることができるようにという趣旨で、退職互助事業(通称 「退互」)が始まりました。会員数322名で発足しましたが、現在2039名(平成29年4月1日現在)を数える組織に発展し、さまざまな事業を展開しています。また、ご夫婦とも会員の方もいらっしゃいます。                                                            
  ◇退職互助会員の加入資格は
       加入資格は、互助会員で「年齢が45歳以上または会員期間が15年以上の正会員で、教職員または職員を退職し退会した」方です。「退職互助会員への加入は任意ですが、様々な特典もありますので、退職教職員にとって大切な組織であることをご理解いただき、この機会にぜひご加入され、退職後の生活をより充実したものにしていただければ幸いです。                                                                           
      ◎加入申込書・記入例 は、こちらをご覧ください。

     ※印刷する場合はこちらをご利用ください。(PDF版)


   ☆退職互助会員になりますと、各種の給付があります。
      1.長寿祝金   (請求書は不要ですが、振込口座の確認をさせていただきます)
      2.入院見舞金 (請求書と診断書をお送りください)
      3.供物料    (請求書と会葬礼状をお送りください)
      4.退会一時金 (請求書をお送りください)
 
      ◎給付金請求書は、こちらをご覧ください。

      ※印刷する場合はこちらをご利用ください。(PDF版)




退職互助事業に関する組織  役員・事務局等の構成
                                                                                


決算報告・予算案 
   詳細につきましては、「退互 会員通信 第2号」 平成29年7月5日発行 をご覧ください 


























           退職互助会員加入申込書



             ※教職員互助会 会長 宛にお送りください。
        
  
 
                                                                      

      


            給付金請求書

          
            ※この請求書は、表裏の両面で1枚です。
              ご利用になる場合は、両面コピーしてください。

       ※PDF版は、こちらをご覧ください。(印刷する場合はこちらをご利用ください)

       ※教職員互助会 会長 宛 (退職互助事業室)にお送りください。    




                                                                            

 


このサイトの一部をご覧頂くためにはADOBE READERとFLASH PLAYERが必要です。
インストールされていない場合は、右のアイコンをクリックし、ダウンロードしてください
    

   Copyright(C)一般財団法人 川崎市立学校教職員互助会. All rights reserved.
一般財団法人 川崎市立学校教職員互助会 退職互助事業室
〒211-0051川崎市中原区宮内4-1-2   tel044-733-3337
  fax044-733-9779