退職互助事業室のトップページに戻ります                                      ↓お問い合わせ
                                                m a i l
 
ぶらり途中下車の旅 
 

2018/04/18 
 4月11日発行の会員通信第1号にて、「京急大師線 乗ったり降りたり 歴史散歩」のご案内をいたしました。 
3月10日の実地踏査の様子にも掲載させていただきましたが、川崎の新たな歴史を知る旅になるかと思います。 
どうぞ皆様、ご参加ください。会員通信の参加申込書にご記入のうえ、5月7日(月)までにお送りください。 



 3月10日(土)に、平成30年度第1回ぶらり途中下車の旅「京急大師線 乗ったり降りたり 歴史散歩」6月16日(土)実施予定の 
実地踏査に行ってまいりました。今後、内容を吟味し、皆様に喜んでいただけるよう計画して、会員通信でお知らせしてまいります。
まずは第一報をお伝えいたします。 
 
                              平成30年度 第1回 
  「京急大師線 乗ったり降りたり 歴史散歩」  
         実施予定 平成30年6月16日(土)    
      
      京急の原点である大師線は、京急川崎駅から小島新田駅までの7駅4.5㎞を結ぶ路線です。今から119年 
      前の明治32年1月21日、大師の縁日の日の午前10時、大師電気鉄道の1両の電車が満員の乗客を乗せ 
      て、六郷橋から、大師に向けて出発しました。 今回の旅は、今、大きな転機を迎えている大師線と大師河原 
      村地域の歴史を探る小さな旅にご案内いたします。
 
                 
      京急川崎駅に集合し、市電との接続や大師線の歴史、ループ線の様子を巡ります。土地の様子を見ていくと 
      当時の名残りを感じます。 
 
                 
      わずかに残るホームの跡、長十郎梨のふるさと、コロンビア広告塔跡、「港町十三番地」の歌碑を見て、当時 
      を振り返りました。
      
                 
      池言坊(せんごんぼう)池上家墓地、味の素引込線跡、京急発祥の地、大師駅前の広さの謎を考えます。 
      
                 
      東門前駅下車し多摩川に向かうと、大師の渡し(碑)があります。広々とした多摩川をみていると気持ちがよい 
      ですね。小島新田駅からは、厳島跨線橋、川崎貨物駅を見ながら、当時の環状線構想等を考える予定です。 
      


                              平成29年度 第3回 
  JR山手線 「池田山から小さな寺町を巡り
              緑豊かな庭園美術館へ」

        実施 平成30年2月17日(土)    
 
 2月17日(土)に今年度最終の第3回ぶらり途中下車の旅を実施いたしました。ご多用な中をたくさんの皆様が参加してくだ 
さいました。ありがとうございました。 
 懇親会は、とんかつとんきさんにお世話になりました。老舗のとんかつの味に舌鼓を打ちました。 
 さて、次年度は、退互だよりでもお知らせしましたが、「京急大師線の歴史を探る」、「東急東横線中目黒駅から代官山駅へ」  
「京成金町線京成上野駅から柴又駅」を予定しております。会員通信で順次お知らせいたします。どうぞご参加ください。 
 
                 
      目黒駅行政窓口前で始めの会を行い、山手線で五反田駅へ。雉子神社、ねむの木の庭と見学しました。 
      
                 
      池田山公園で記念撮影、雨が少し落ちてきましたが、その後は大丈夫でした。福沢諭吉永眠の碑や伊東深水 
      の天井画のある増上寺子院群を巡り、三田用水跡地、東京都庭園美術館で解散式を行いました。 
      
                 
      お買い物は玉川屋さん、アトレ1階のオッジさん、懇親会はとんかつとんきさんにお世話になりました。ヒレかつ、 
      ロースかつ、串かつどれも美味しかったです。体も温まり、和気藹々とした和やかな時間となりました。 
 
 
 
 第3回ぶらり途中下車の旅「池田山公園から小さな寺町を巡り 緑豊かな庭園美術館へ」の参加申込書を  
 1月の会員通信に掲載いたしました。 
 今年度最終のぶらり途中下車の旅となります。ぜひ皆様ご参加ください。 
 実地踏査の様子につきましては、下記の「JR山手線 五反田駅からぶらり散歩」からもご覧いただけます。
 
 
 
 
                              平成29年度 第2回 
    「JR横須賀線 西大井駅で降りてみよう」
        ~大井の大仏から品川用水跡をたどり大森貝塚まで~
         平成29年12月16日(土) 実施    
 
  12月16日(土)第2回ぶらり途中下車の旅「JR横須賀線 西大井駅で降りてみよう」を実施いたしました。 
 電車の架線断線があり、出発を遅らせたり見学場所を縮小したりのスタートとなりました。大変な中をお出かけくださった 
 参加者の皆様、ありがとうございました。横須賀線が動いてなくて、京浜東北線の大井町駅から西大井駅まで歩くハプニ 
 ングもありましたが、皆様の笑顔とご協力に感謝いたします。 
 
                
     西大井駅から伊藤博文墓所へ、伊藤町の雰囲気を感じながら養玉院で記念撮影。「大井の大仏」の大きさに 
     圧倒されました。原の水神池等、湧き水や水路跡が多くありました。 
 
                
     大井鹿島神社は、来迎院建立時に常陸の鹿島神宮を勧請したもの、古来より相撲を奉納しており、江戸郊外 
     の三大相撲として知られていました。神社の北側の丘には品川用水が流れていました。 
 
                
     品川区立大森貝塚遺跡庭園は、モース生誕の地であるアメリカ・ポートランド市との姉妹都市提携締結を記念 
     して開園されました。実際に貝殻が堆積している様子を見ることができます。平成5年の調査では6軒の住居  
     跡が見つかったそうです。ここで解散式を行った後、大森貝墟、大森駅に向かいました。懇親会は、21名の方 
     が参加し、富士川さんにお世話になりました。第3回は、2月17日(土)五反田駅から目黒方面にいきます。 
     1月の会員通信でお知らせします。どうぞご参加ください。 
 
 
                              平成29年度 第3回 
    「JR山手線 五反田駅からぶらり散歩」  
 
        実施予定 平成30年2月17日(土)    
 
  11月18日(土)に「第3回ぶらり途中下車の旅」(目黒、五反田方面)の実地踏査に行ってまいりました。 
  江戸の頃の目黒駅付近の賑わいや、駅は本来別の所にあり、今の辺りにはトンネルがあったこと、山手線より 
 埼京線が一段低い所を通っていること等、歴史と謎に迫ります。
  また、ビルの1階にある雉子神社やねむの木の庭、池田山公園、増上寺子院群、三田用水跡、東京都庭園美 
 術館等、見どころはたくさんあります。いくつかご紹介いたします。 
 
                
    今回は目黒駅に集合し、JR山手線に乗り、五反田駅からぶらり散歩に出かけます。旧目黒駅跡地や埼京線 
    (山手貨物線)の線路がなぜ一段低いところにあるのか等、謎に迫っていきます。 
 
                 
    ビルの1階にある雉子神社。三代将軍徳川家光が鷹狩りに来た時、一羽の白雉が社地に入ったのを稀なめ 
    でたいしるしとして、「雉子ノ宮」と称するようになりました。御神紋には葵紋があります。 
 
               
    皇后陛下ゆかりの正田邸宅跡地にある「ねむの木の庭」、美智子様に因むバラ「プリンセス・ミチコ」も」植え 
    られています。 
 
               
    池田山公園は旧岡山藩池田家の下屋敷跡で、江戸時代の回遊式庭園を中心としたつくりになっています。 
    その後、福沢諭吉永眠の碑や、日本画家伊東深水の天井画がある増上寺子院群をめぐります。  
 
               
    三田用水跡から白金台を通り、東京都庭園美術館へ。かつては「白金迎賓館」として使われたところです。 
    庭園も美しく、見ごたえがありました。ここで解散の予定です。目黒駅はすぐ近くです。 
 
                
    お買い物は、玉川屋目黒駅前店のバターどら焼きやOGGI目黒本店ショコラデショコラが有名です。懇親会は  
    昔からの味を守り続けている目黒の老舗「とんかつ とんき」さんにお世話になります。 
    皆様のご参加をお待ちしております。詳細は1月発行の会員通信でお知らせいたします。 
 
 
                              平成29年度 第2回 
    「JR横須賀線 西大井駅で降りてみよう」
        ~大井の大仏から品川用水跡をたどり大森貝塚まで~
        実施予定 平成29年12月16日(土)    


7月8日(土)に第2回ぶらり途中下車の旅の実地踏査に行きました。 
第2回目は品川駅の0㎞ポストから西大井駅へ、そして伊藤博文墓所、「大井の大仏」と呼ばれている像高約3m 
養玉院如来寺の五智如来像や、水神池、品川用水を辿りながら、品川歴史館へ、最後に品川区と大田区に残る 
大森貝塚の謎と歴史に迫ります。 

              
    品川駅中央改札口下車、トライアングルクロックを目印に自由通路に集合。0㎞ポストを見学します。 
   

              
    山手線0㎞ポスト、品鶴線0㎞ポストも確認、ちなみにゴジラ(映画)が現れた?町でもあります。 
    

              
    西大井駅へ、伊藤博文墓所、大井の大仏(おおいのおおほとけ)は五体で、像高約3mはさすがに圧巻です。 


              
    水源が多く、小川が水路のようにありました。水神社は、水の恵みに感謝した農民が祀ったもの。 
    その後大森貝塚遺跡庭園に行きます。1877年6月19日にアメリカの動物学者エドワード・S・モースが大森 
    から品川に向かう列車の窓から貝殻が重なっている層を発見、発掘調査が行われました。 


              
    次に大田区の「大森貝墟(おおもりかいきょ)」へ、なぜ品川区と大田区に2つの石碑が存在するのでしょうか。 
    お買い物は、大森駅周辺が可能です。お土産は大田のお土産100選に推奨された「大森貝塚マドレーヌ」が
    有名です。詳細は、9月の会員通信でお知らせします。皆様のご参加をお待ちしています。 


                              平成29年度 第1回 
       「東急世田谷線 貸切電車の旅」
             実施 平成29年6月17日(土)    


平成29年6月17日(土)に、第1回ぶらり途中下車の旅「東急世田谷線 貸切電車の旅」を実施しました。 
             
              
     三軒茶屋駅貸切電車前で記念撮影、 いよいよ貸切電車の旅がスタートです。菊池講師の説明に耳を傾け、 
     車窓から見える景色に思いを馳せました。 

               
     井伊家の菩提寺豪徳寺へ 招き猫が多く奉納されていました。右手を挙げている猫は金運、左手を挙げて 
     いる猫は人(客)を招くとされています。両手を挙げていると欲張りすぎてお手上げになってしまう等の話に 
     思わず納得(?)してしまいました。絵馬ならぬ絵猫がたくさんありました。 

              
     世田谷城は吉良氏によって築かれた城ですが、今は歴史公園になっています。 
     最後は松陰神社で解散となりましたが、駅に続く商店街を楽しみながら帰途につきました。 


                              平成29年度 第1回 
       「東急世田谷線 貸切電車の旅」
             実施予定 平成29年6月17日(土)    

先日3月11日に実地踏査に行ってきました。

              
     東急世田谷線 三軒茶屋から出発!     立派な豪徳寺     招き猫発祥の地でもあります。

                  
      世田谷線を貸切にします。    カラフルな車両の色は全部で10色   旧型の展示もあります。
    
              
      世田谷城阯公園です。歴史をたどって上まで登りました。    最後は、松陰神社でゴールです。





 
     
 

このサイトの一部をご覧頂くためにはADOBE READERとFLASH PLAYERが必要です。
インストールされていない場合は、右のアイコンをクリックし、ダウンロードしてください
    

   Copyright(C)一般財団法人 川崎市立学校教職員互助会. All rights reserved.
一般財団法人 川崎市立学校教職員互助会 退職互助事業室
〒211-0051川崎市中原区宮内4-1-2   tel044-733-3337
  fax044-733-9779